鎌倉江ノ島小旅行・「とびっちょ」で生しらす!

大仏を見てまったりした後は、再び江ノ電に乗って江ノ島へ。
泳ぐわけじゃございません。沈む夕日を見てうっとりするわけでもございません。
私の目的はただ一つ。「生しらす」を食べること!
生しらす…それは、あのお馴染みのしらすの生状態。日本で獲れるのは静岡の駿河湾か神奈川の相模湾だけ、それも春から夏にかけての時季しか食べられない貴重な食べ物。実は昨年もそれを食べたくて鎌倉にきたのだが、その日は悪天候で漁が出来なかったため、食べられなかった。
二年越しの念願をかなえるために行ったお店は「とびっちょ」他にも生しらすを食べられるお店は沢山あるのだが、ここはしらす料理専門店ということで、とっても気になっていたのだ。

夕暮れの綺麗な中、江ノ島の橋を渡りとびっちょに着くと…めちゃめちゃ混んでて待ってる人が沢山!!!ウェイティングに名前を入れようとしたが、何十人待ってるんですか?という状態。でも諦めません。このために来たんですから。海風が強くなってきた中、ひざ掛けを貸してもらい(沢山用意してある。良心的!)店頭販売の様子を見ながら、店の前のベンチに座って待つこと1時間!やっと店に入れました!

ステーキも完全に消化しきれていないというのに、怒涛のオーダー。
しらすの玉子焼き、生しらす、江ノ島ぞうすい、生しらす寿司、活アジ寿司。飲み物は当然のように江ノ島ビール!
まずは卵焼き。ふわふわで出汁が効いている中、しらすがたっぷり混ざっていて美味しい。そして嬉しいのがこの卵焼きの値段。一切れ105円って、スーパーの惣菜より安いんですけど。
そしてお待ちかねの生しらす。透明の身が美しい…。食べると、口の中でぷにゅぷにゅとした感触。歯を入れるととろけます。全く生臭くなくて、甘みがある。美味しい~~~!!!

次は江ノ島ぞうすい。さざえ・はまぐり・しらす入りの豪華な雑炊。魚介の出汁がものすごく出ている。1時間待った身体に染み込む旨さ。無言で食べちゃったよ。
活アジ寿司はアジがめちゃめちゃ新鮮で肉厚。歯応えがしっかりあってブリブリのアジは旨みもたっぷり。とっても甘かった。
シメは生しらす寿司。軍艦の上にはたっっぷりの生しらす。豪快に無理やり一口で口の中へ。すると感動の食感が…。口の中でしらすだけ溶けて、ご飯と海苔が残るのです。お~~!これは猛烈に幸せ。この時点でラストオーダーを過ぎていたのでここでやめたけど、時間があったらもっと食べたかったな~~~~。

どれも美味しくて超納得の料理だった。このお店は店員さんの感じが物凄く良いところも気に入った。激混みだけど、待つ価値ありです。ちなみに値段も激安。上のメニュー+卵焼きもう一切れで一人あたり2000円ちょっと。豪快な盛りの丼物を頼めば、もっと安くなるでしょう。

また絶対来るぞ…。生しらす、最高!!
[PR]

by ayuice | 2005-05-03 12:49 | └ 鎌倉・江ノ島

<< あえて錦糸町・北斎茶房 鎌倉江ノ島小旅行・葉山牛の鉄板焼き >>