香港旅行記:手芸用品の買い出しと手造甜品のマンゴークレープ

たらふく飲茶を食べた後は地下鉄に乗って深水捗(シャムスイポー)へ。
これと言った名所でもない街に何故行くのか…目的は一つ。手芸関係の買い物。
以前にも書いたことがあるが、私の母はバッグ作りが趣味で、販売もしている。
香港では材料が安いらしいと聞いて、是非買いたい!ということになったのだ。
私も最近ビーズアクセサリーを作るので、材料調達が楽しみ。
香港のKURIさんによる深水捗レポートもしっかりプリントアウトしてきて、鼻息荒く乗り込みます!

深水捗は下町で、駅から出るといきなり屋台や商店がぎっしり。
この日は土曜日だったせいか、すごい人ごみ。
(上の写真は、私が歩きながら撮った物。前を歩いてるのは私の母ではありません)
そして食品の露店の通りを曲がると、そこはビーズ街。
右も左もビーズ、ビーズ、ビーズ…そして激安!!日本の何分の1の値段だろう?
それぞれのお店ごとに置いてある商品も違っていて特徴があるのです。
私は金具などのパーツとジルコニア等、日本で買うと高いものを中心に購入。
母はパーツ中心に私の数倍は買っていた。

そしてビーズ街を抜けると、そこはリボン街。
リボン、リボン、レース、リボン、レース…。浅草橋なんて目じゃないほどの物凄い店の数。
そしてこれも物凄く安い!!母曰く「コットン○ィールドやドロ○リーで売っているのと同じインポートのリボンが4分の1ぐらいの値段で売っている」らしい。
「めちゃめちゃ沢山買いたい~~!」と思う気持ちを抑えて、厳選して買い物をする母。
しかし当然全ての通訳は私。リボンはいちいち伝えないと買えないからちょっと面倒…。
でもいいのです。今回はひたすら母の好きなようにしてもらうのだから。
リボン街の近くには生地街やボタンなどのパーツ街もあり、半日で見るのはかなり辛かった。
全てを見るのはとてもじゃないけど無理…ということでかなり端折って見る羽目に。
こんなに凄いとは思わなかったよ~~~。
手芸関係の買い出しだけで2,3日欲しいくらいの、物凄い充実度でした。

そして地下鉄に乗って更に移動。深水捗の布地街は完全な問屋ばかりで買えなかったので、普通の生地屋があるという中環の利源西街に向かいます。
本当は西港城に行きたかったんだけど、時間の都合により行けなかった…。

途中、しっかり休憩。そして当然オヤツも忘れません。
日本を発つ前から「これは絶対に食べるぞ!」と決めていた手造甜品のマンゴークレープ。
浪速のグルメクイーン・apple_ipod嬢香港で食べたマイラブ・スイーツ1位に選んだ、あのクレープですよ!
しっとりクレープの中に甘さ控えめの生クリームと大きなマンゴーがゴロリ。
生クリームの質も良くて、たっぷり入っているのに全然しつこくない。
そしてマンゴーが柔らかくて、甘くて…はう~~(感涙)
更に嬉しいのがお値段。2個入ってHK$17(約240円)だなんて嬉しすぎる。
日本で売ってたら食べまくり確実。
母の食べた豆腐花も、甘さ控えめの小豆と豆腐がベストマッチ。
二人揃って「これならいくらでも食べられる」と、あっという間に完食。

その後、やっと利源西街へ。
物凄く狭い市場の中に数件の生地屋があり、日本の生地屋さんと雰囲気が似ている。
あまり安くないお店もあったけど、細かく値段を聞いてみたらかなりお値打ち物も発見。
母は3種の生地を買ったのだが、かなり安かった~~♪
おまけに何も言わないのに、おばちゃんは少しマケてくれた。
こんなところに買いに来る観光客は珍しいからかしら?ラッキー♪

大急ぎで買い物した後はホテルに戻り、ディナーです。
そう、今日は母の誕生日。奮発しますよ!
[PR]

by ayuice | 2005-04-20 00:04 | └ 香港

<< 香港旅行記:カオルーンシャング... 香港旅行記:映月楼で飲茶 >>