香港旅行記:映月楼で飲茶

香港旅行記2日目。
前日寝たのが深夜だったため、朝はゆっくり起きて朝昼兼用で飲茶をすることにした。
最初なので、飲茶ならではの雰囲気を味わえるお店にしよう!と尖沙咀の映月楼に。
海沿いにあるお店で、窓からは香港島が望めます。
残念ながら窓際の席には座れなかったけど、風景はしっかりと見られました。
うーん、いきなり香港の雰囲気を満喫です。
ちなみにここは結婚の登記所が近くにあるせいか、休日にはウェディングドレス姿の花嫁さんが必ずいるそうです。
この日も3人いました。皆さん幸せそうで、美しかった!

このお店は昔ながらのワゴンスタイルの飲茶のお店で、おばちゃんがワゴンにいろいろな料理を乗せて店内をグルグルと回っています。
客は中を見せてもらって、気に入ったら貰う仕組み。

上左:海老蒸し餃子
海老が大きくてプリプリ。食べ応えのある海老蒸し餃子!
母と「日本のはもっと海老がショボいのよね…」なんて言いながら、いきなりのヒットにテンションがUP。

上右:コーンなど野菜の中に海老のすり身が入ったもの
また海老…でもすり身だからまた食感などが違って飽きない。
コーンの甘味が海老と合っていて美味しい。

下左:プルプルの皮の中に椎茸、筍などの餡が入ったもの
餡は「おこわ」のような味で、結構優しい味。
説明は微妙だけど、プルプル、モチモチの皮の食感も良くて美味しい。

下右:帆立のパイ
サクサクのパイの中に帆立が一個ゴロンと入っている。
ちょっとだけ入ったホワイトソースが帆立の味を引き立てている感じ。
しかし、母は帆立アレルギーなのでした…。
味は大好きなのに、食べるとお腹を壊してしまうのだ。
美味しかったのに残念。でも私がしっかり食べておいたから!

上左:野菜入りの腸粉
腸粉大好き~~!モチモチの食感がたまらない。
やっぱり香港に来たらこれよね。
ここで母も私と同じ「モチモチ好き好き」人種だということが判明。
そしてやっぱり母も相当食い意地が張っていることが判明。
そうと判ったら遠慮しないで注文するわよ~~!

ということで
上右と左下:ピータンと鶏肉入りのお粥とおまけの揚げパン
ピータンは大きなものがゴロゴロ入っている。
鶏肉の味も優しくて美味しい!!
なんで中華粥ってこんなに美味しいんでしょう。

下右:タピオカとココナッツミルクのゼリー
ココナッツミルクの甘さが優しくて、タピオカがプリプリ!
ゼリー自体がモチモチしている食感なのも良い感じ。

いきなり、かなり飛ばして食べてしまった…。
しっかり食べた後は、地下鉄で今日の目的地「深水捗(シャムスイポー)」に向かいます。
[PR]

by ayuice | 2005-04-19 13:01 | └ 香港

<< 香港旅行記:手芸用品の買い出し... 香港旅行記:ビジネスクラスの食事 >>